自分の中で大切にとっているもの。思いのあるもの。それで捨てれないもの。それが写真だったり、ポストカードだったり、手紙だったり、絵だったり。思いつきで何でもフレームにいれてしまえば、想いのかたちの出来上がり。
自分だけのギャラリーや、あの人へのギフトに、思いのお裾分けもできます。
書いたり、塗ったり、切ったり、貼ったり、マスキングテープやスタンプ、色鉛筆などで着飾るのは自由自在。 簡単に飾ったり、贈ったり、残せたりできるフレームです。
 
 
 
 
写真のきもち

写真は、撮るときに1枚だけじゃちゃんと撮れているか、少し不安なのでもう1枚、もう1枚とシャッターをきる。

その中から自分なりに良いものを写真立てに入れて飾ったり、アルバムにしたりするのですが、たくさん撮った写真の中にはそうならないものもある。

補欠の写真。

場合によっては補欠の写真のほうが多かったりもする。
でもその補欠の写真の中にも想いは同じように詰まっているし、意外と予想していないところが撮れていたりもする。
たくさんある補欠の写真のきもちとしても、この想いもせっかくなので見て欲しいかなと思っているんじゃないかなと勝手に想像したりする。

大切な思い出はかたちにして、特別なときじゃない思い出も、良ければいろんな人にもお裾分けされたり、ちょっとだけ素敵に飾ったりして。
それで、ふとしたときに目に入り懐かしんでもらったり、それで連絡をとりあったり。

そんなことに出会えればとも思ったりします。